--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫茶店にあこがれて

2012年05月30日 23:23

氷菓を見てからというものの、喫茶店に行きたいという願望は強くなり、実際に探してみた。
僕が住んでいるところはいわゆる「ホテル街」で、まぁそういうホテルがいっぱいある少々いかがわしい所・・・なのでこじゃれた喫茶店というものがあるのか。

あったんだよ

そもそも求める喫茶店像とはなんなのだろうか。

・木造、もしくは木のテーブル、壁があり全体的に茶色のおちついた色になっていること
・コーヒーの種類が豊富であること
・初老の男性がマスターをしていること
・ナポリタン、もしくはオムライス、サンドイッチがあること
・文学少女(メガネならさらに良)が優雅に紅茶を飲み、もの静かに文庫本を読んでいること。さらに店の常連、もしくはマスターの一人娘であれば役満である


この内半分以上があてはまれば通うに値するのではないか、と思う。
偉そうなことをいってるけれどこっちは本気なんだよ!女子と喫茶店行きたいんだよ!ホータローめ、くそっくそっ!

・・・まぁとりあえずいったところについての報告。

1つ目の店は駅に立地しているためなのか、やや騒がしさがありおちつき、というよりは時間つぶしのためにいくようなところだった。さらに店内は不自然に明るく、大音量でNHKののど自慢が流れていた・・・スタバに行ったほうがましだよ・・・。

そして2つ目!これはあたりだった。パチンコが近くにあるからうるさいのでは・・・と思っていたが店内に入ると入口がややせまくなっているせいか、奥まっているせいなのか、かなり静かだった。さらにマスターが・・・マスターが蝶ネクタイをしているだと!?サンドイッチもあるじゃないか!カップの置かれ方がカッチョイイ!ということでかなりいいところだった。残念なのは女子がいなかったことかな?でもいつかあえるんじゃないかと思って通いたいね!ティヒヒ!

というわけでまだまだ喫茶店探しは続くわけで・・・とりあえず一つ候補はみつけておいたから今度行ってみようと思う。今度はオムライスがあるから非常に楽しみ・・・ただ写真をのせられないのは残念。少し再考の余地ありなのか・・・?
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。